【Kalafina】serenato

作詞:梶浦由記 作曲/編曲:梶浦由記 歌:Kalafina

春(はる)を待(ま)つ花(はな)のように

風(かぜ)の中震(なかふる)えていた

もう少(すこ)し近(ちか)くに来(き)て

命(いのち)に触(ふ)れたい


神様(かみさま)がいない国(くに)の

空(そら)のない草原(そうげんう)には

帰(かえ)りたい帰(かえ)れないと

嘆(なげ)く鳥(とり)たちの調(しら)べ


愛(いと)しい人(ひと)と寄(よ)り添(そう)って生(い)きて行(ぎょう)きたい

いつも祈(いのう)っているのは

貴方(あなた)のことばかり


涙(なみだ)を歌(うた)の変(か)えて

甘(あま)く奏(かな)でるよ serenato

鈴(すず)の音(ね)

夏(なつ)の在処探(ありかさが)して

今宵最後(こよいさいご)の星(ほし)が照(て)らす道(みち)を行(い)こう

二人(ふたり)で


太陽(たいよう)が隠(かく)れてから

たましいは凍(こご)えていた

信(しん)じない信(しん)じたいと

愛(あい)を彷徨(さまよ)った二人(ふたり)


愛(いと)しい貴方(あなた)と寄(よ)り添(そう)って生(い)きて行(ぎょう)けたら

いつか寂(さび)しい大地(だいち)に

光(ひかり)を呼(よ)び戾(れい)して


いのちの旅路(たびじ)を行(ぎょう)く

奏(かな)でる響(ひび)きは serenato

鈴(すず)の音(ね)

夏(なつ)の影(かげ)を重(かさ)ねて

いつか遠(とお)い静(しず)かな空(そら)へ届(とど)くよ


涙(なみだ)を歌(うた)の変(か)えて

夢路(ゆめじ)に奏(かな)でる serenato

鈴(すず)の音(ね)

夏(なつ)の在処探(ありかさが)して

いつか遠(とお)い最後(さいご)の町(まち)へ

羽(はね)を休(やす)め

二人(ふたり)で

眠(ねむ)ろう


創作者介紹

夜影閣

絳夜 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()